東京 茨城 神奈川 千葉 埼玉で前撮りロケーション撮影 結婚式は全国に出張してます

TEL : 029-850-3890 / 080-4374-0729 / Email : giriphotoworks@gmail.com

HOME > one of

今週の「いちまい」

Back Number Page

  

  

今週の「いちまい」

趣味を交えた結婚式 水戸 COLK

写真をのこす、ということ

一枚の写真を見て、涙を流すことがあります。全く知らない時代の、全く知らない女性のポートレート。なんとも穏やかで、美しく、写真そのものとは裏腹に決して色あせないその輝き・・・私はその写真に魅かれていろいろと持ち主に尋ねたくなりました。
 
この写真の女性は、持ち主(四十代くらいの主婦)の亡くなった祖母で、大正〜昭和という日本では時代の変わり目の頃に、写真を好んでいた祖父がアメリカで撮影したものだという。この一枚で時代やファッションもさることながら気がつくことがある。
 
 

「写真は撮影者と被写体の関係性がでる」

 
 

ふとそんな言葉を思い出しました。この女性が目を向ける先には、愛する彼がいたのです。私は思いました。写真で一番大切なことは、撮る側と撮られる側とのつながりである、と・・・
 
被写体との関係性が強い人間がシャッターを押した写真は、技術やセンスを超えた力がある。私はそんな写真の持つ力に魅了されているのかもしれません。そこから生まれる衝動に素直でありたい、そう思います。
 
もう一枚の写真は私の宝物です。満95歳で亡くなった祖母と私の日常のなんでもない写真。いつも肌身離さず持ち歩いています。とにかく「おばあちゃん子」だった私は、顔立ちも似て、いとこたちの中でも年下だったということもありとにかく可愛がられました。そんな大好きなおばあちゃんとのツーショットの写真。実はこの一枚しか残っていません。いつも会っていたはずだし、たくさん残っていそうなものですが、これしか残っていません。この一枚の写真は私の一番の宝物です。この一枚に祖母との思い出がいっぱい詰まっているからです。
 
 
私はこの二枚の写真を見て涙を流しました。私の写真に対する想いや考えは、この両極の2枚の写真から成り立っています。


 

「人と人との関係性」「当たり前の日常」

 

ウエディングフォトも例外ではなく、この2つから成り立っていると
信じております。

単純だけど心が和む、撮りながら和んでいる自分が写る。
かっこつけることも無理することも無い。
そのままその人と自分の人生が出てくるような、

そんな写真が撮りたい。
そう思って今日もシャッターを押してます。

カメラマン片桐裕二

カメラマン片桐裕二

僕がこうして10年以上写真を撮り続けてきたのは、
この日この時、出会いがあって、
「瞬間を残す」という事を教えられたからなのかもしれない。
9年前のあの時、この日の事を想像できただろうか?
娘から・・・今度は孫へ。
妻へ・・・そして子供へ。
変わらず確かな愛情を。

片桐裕二

今週の「いちまい」バックナンバー

古民家で神社で アイデア楽しい結婚式前撮り

古民家で結婚式をプロデュース

ブランセで結婚式を

自宅で結婚式をプロデュース

シェラトン東京ベイ(舞浜)で結婚式

大洗磯前神社 山口楼で結婚式

ブランセつくばで結婚式

麗風つくばで結婚式

椿山荘で結納撮影 スナップ

ブランセで結婚式撮影

出雲大社 常陸 写真

ウエスティンホテル 写真

山口楼本店で会食 結婚式

ウエスティンホテルで結婚式

つくばホテルオークラで結婚式

横浜迎賓館

横浜迎賓館

熊本を中心とする大地震被災者の方々にお見舞い申し上げます。
茨城でも5年前の震災や竜巻被害、昨年には大雨による大洪水など、

たくさんの災害を経験してきました。
この度は被災者の方々へ少しでも力になれればと、

日本赤十字へ義援金募金をさせて頂きました。
はじめは撮影会で募金を、と考えたのですが、デリケートな問題でもあり

九州の知人のアドバイス等を受け、慎重に考え今回の結論に至りました。
まだ余震が続いていて不安な日々が続いていると思いますが

、被災者の方々が1日でも早く安心して眠れる日が来ることをお祈りしております。




がんばれ!くまもと!




過去の撮影会場実績


今までに、水戸市の結婚式、つくば市の結婚式はもちろん、土浦市の結婚式や柏市の結婚式、東京都、横浜の結婚式や東北の結婚式まで幅広く、お客様に選ばれております。